新型コロナウイルス
感染症の支援策

議会報告

  • 新型コロナウイルスに関する医療従事者への支援について

    まずは医療従事者をはじめ市民の生活を支えるためにご尽力頂いている各分野の関係者の皆様に改めて敬意と感謝を申し上げます。
    今回の新型コロナウイルス対策として仙台市としても独自の支援策を含め行って頂きました。しかし、今までの支援策は感染拡大防止の観点からの対策であります。
    そこで是非、医療従事者等の新型コロナウイルスから市民を守って頂いている方々に対しても支援の検討を行って頂きたく思います。先日宮城県で新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業が出されました。
    医療従事者の方々は連日休みたくても休めない中、常に新型コロナウイルスの危険を感じながら頑張って頂いている方々です。私も医療従事者の方とお話をさせて頂きましたが、常に新型コロナウイルスと直面している状況にもあり、自分が感染してしまう事で、子供を感染させてしまうのではないか?家族に迷惑を掛けてしまうのではないかと悩んでいたそうです。
    そのような中、市民の皆様方のために最前線で頑張って頂いていた方々です。新型コロナウイルスが終息するまではなかなか難しいところだとは思いますが、仙台市独自の支援策として、例えば地元の秋保や作並の温泉宿泊券等を支援し、医療従事者の方々に慰労と感謝の気持ちを表わしてはいかがでしょうか?
    地元温泉街は仙台市にとっても大きな観光資源であります。今後の仙台市の観光資源としても重要な温泉街への経済支援も含めて、今回仙台市の緊急経済対策第三弾として宿泊促進キャンペーンを提案されておりますが、その一環として仙台市独自の医療従事者への支援についても検討して頂きたく思いますが、当局のお考えを伺います。
  • 仙台市からの回答

    宿泊促進キャンペーンと医療従事者への支援に関するお尋ねにお答えをいたします。
    新型コロナウイルス感染症対応の最前線で御尽力されている医療従事者の方々に対しましては、心から感謝を申し上げるところでございます。
    特定の業種の方々に限定して宿泊割引を行うといった取組につきましては、公平性の観点から難しいものと考えておりますが、現在、交流人口の回復を目的として宿泊促進キャンペーンを段階的に展開すべく、準備を進めているところでございます。
    日々、御苦労されている医療従事者の方々にもぜひこのキャンペーンを御利用いただき、少しでも心身の疲れを癒やしていただきたいというふうに存じます。