議会報告インターネット議会中継を見る

  • 仙台市として中田の5本の都市計画道路について今後について

    中田地区には昭和41年に決定した都市計画道路が5本ございます。一つ目は「南仙台駅・四郎丸線」二つ目は「中田北線」三つ目は「中田南線」四つ目は「中田線」五つ目は「中田東線」です。現在これらの五つの都市計画道路はどれも完成されておらず近年もほとんど着手されていない状態です。50年が経っても開通していない理由と今後の着手予定を伺いたく思います。私は今後の中田地区の発展にも途中になっているこの5本の都市計画道路を是非開通して頂きたいと思っておりますし、地域の皆様もそれを大変望んでいるものと思っております。この5本の都市計画道路が開通することで、中田のさらなる発展に期待出来るところでございます。また、近年太白区ではあすと長町の開発・富沢の開発が進んでいるところではございますが、この開発によりそれぞれで人口も増えておりますし利便性も高まっていると思います。このような観点から中田地区の開発についても同様の効果が得られると思います。仙台市の掲げている人口減少に向けての対策の一環にもなるものと考えますし、仙台市の南側の玄関として名取川より南も変えていく必要があると考えます。
  • 仙台市からの回答

    中田地区の今後の道路整備についてでございます。
    ご指摘の中田地区の都市計画道路5路線については、優先的に整備をする区間となってございませんことから早期の事業着手は困難な状況でございます。引き続き、地域の安全安心に向け市道の改良などについてしっかりと取り組んで参りたいと存じます。また、県道仙台名取線につきましては、名取橋から南仙台駅付近が本市における主要渋滞箇所の一つでございまして、渋滞緩和の必要性については認識をしているところではございます。しかしながら沿道には建物が連単しているため、拡幅 整備などは困難な状況のございますことから、交通の分散化で対応すべく現在事業中の郡山折立線の大野だ航空などの整備を着実に進めると共に、平行する国道4号線仙台バイパスの渋滞緩和などにつきまして、引き続き、関係機関と連携を測りながら検討して参りたいと存じます。