新型コロナウイルス
感染症の支援策
活動報告
側溝清掃について

議会報告

  • 杜の都仙台としての樹木の現状と問題について

    本市は、杜の都として全国にアピールをしてきております。本市の魅力の一つとして、大変すばらしいものだと思います。
    本市の至るところで多くの樹木がまちをより美しくしているところですが、近年、その樹木が大きくなり過ぎることで、 様々な問題が見受けられます。
    現在、当局におきましても、美しい杜の都となるように剪定等を行っていただいております。仙台市中心部におきましては大変きれいになっておりますが、少し中心部を離れたところに行くと、樹木は大きくなり過ぎて、なかなか剪定もされておらず、問題が生じているところもございます。
    例えば、町並みが大変暗いとの問題から街灯を設置していただいておりますが、 樹木が大き過ぎて街灯を隠してしまい、せっかく設置していただいても街灯の光を隠してしまい、以前とあまり変わらない状態となっているところもございます。また、植栽した時期からかなりの年月がたっており、樹木の根っこが大きくなり、歩道のコンクリートやブロックを壊してしまい、歩行者にとっても 非常に危ない状態となっているところもございます。さらには、住宅地にて大きくなり過ぎた樹木が電線の高さまであり、いつ絡まってもおかしくないところもございました。
    公園でも、同じような状態になっているところもございました。大きくなり過ぎた樹木が隣の私有地内にまで入り込んでおり、大変御迷惑をおかけしているところや、全く手入れされず腐敗している樹木もございました。また、公園内の街灯も、 先ほど述べたものと同じように、樹木が街灯を隠してしまっておりました。
    このような問題を区役所に相談させていただき、対応もしていただいたところもあります。迅速に対応していただいたことには大変感謝をいたします。
    しかし、対応していただいているところよりも、もっと多くのところで、このような状態となっております。対応しないでおりますと、市民の皆様が散歩やジョギングするときにつまずいてしまって転んでけがをすることもあり得ますし、せっかく設置していただいている街灯が見えず、暗い町並みに見えてしまい、危険が伴います。また、電線におきましては、停電だけではなく、火事になってしまう可能性もございます。
    まずは、このような状態になっていることを当局は把握をしているのか、今後どのような対応をしていくお考えか、お伺いをいたします。
    本市は、杜の都仙台との愛称で観光客にもPRをしておりますが、現在の状態では、緑は多くても手入れがされていなければ、きれいな町並みとは思ってもらえなくなるのではないでしょうか。
    現在、本庁舎の建て替えの話が進んでいるところで ございますが、コンクリート等の老朽化に伴い、建て替えは必要なものだと認識します。
    同じように、樹木も時間とともに成長していきます。四十年ほど前に植えたものが現在は大きくなり、このような問題となっております。先ほどの本庁舎建て替えと同じように、剪定を含めた管理は今行わなくてはならない時期になっているのではないかと感じます。
    ぜひ市民の皆様方の安全のためと、仙台にお越しいただいた方々に、杜の都仙台の名に恥じないようにしていただきたく思います。
    そうすることにより、市民の皆 様も本市は杜の都として美しいまちであると認識をしていただくことが、PRにも つながっていくものだと考えます。

    本市の総合計画でもグリーネストと掲示している以上、しっかりと対応するべきだと思いますし、計画的に進められるべきものだと思います。
    現在は、この新型コロナウイルスの影響で予算的にも厳しいものだとは認識をしますが、本市の魅力の創出のためと市民の皆様の安全・安心のために、しっかりと今後の計画に入れるなどして計画的に進めていただきたいと思いますが、市長の御所見を伺いまして、私の一般質問といたします。

  • 仙台市からの回答

    市長:
    本市の魅力の一つである街路樹等についてお尋ねがございました。 杜の都のシンボルである街路樹や公園樹の緑は、景観の形成や生活環境の保全といった機能を有し、都市に潤いと安らぎをもたらしてくれるものと認識をしております。これら緑の恩恵を市民一人一人が実感して誇りを持つことが、新たな杜の都の実現につながると、このように考えます。
    現在策定中の仙台市みどりの基本計画においても、みどりの活用と計画的管理について議論されているところでございまして、街路樹などをまちづくりの資源として活用していくよう検討を進めているところでございます。
    新たな計画には、今後の街路樹等の管理の考え方を位置づけて、本市が安全・安心で魅力ある杜の都であり続けられますよう、取組を進めてまいりたいと存じます。

    ○建設局長:
    私からは、街路樹や公園樹への今後の対応などについての お尋ねにお答えいたします。
    これまで、街路樹などの管理につきましては、定期的な剪定のほか、市民の皆様 からの御要望や通報などによりまして、安全面や防犯面において支障となっている樹木について、その都度、剪定などの対応に努めてきたところでございます。
    御指摘のような成長した樹木による照明灯や隣接家屋などへの影響などに関しましては、必要な箇所への剪定などをしっかり行っていくことに加えまして、今後、 計画的な樹木管理などを検討いたしまして、市民の安全・安心を確保しながら、杜の都にふさわしい環境づくりに鋭意取り組んでまいりたいと考えております。
    以上でございます。